クリニック・ハイジーアは、PMS/PMDDを根本治療

改善例1 女性 初診時 31歳

主訴

PMS(月経前症候群)、子宮腺筋症

冷え性、低体温、月経前の過食、月経痛、むくみ
月経前になると過食になり、コンビニで3000円くらい買い込んで全部食べてしまう。

既往歴

なし

治療歴

婦人科で漢方治療(桂枝茯苓丸加ヨクイニン湯)を半年間行い、月経痛が改善した。

治療方針

血液検査データおよび症状より、タン白質・鉄・ビタミンB群などの栄養不足と、機能性低血糖症があると考えられた。

治療用サプリメントによる栄養療法(プロテイン・ビタミンC・B群・ヘム鉄・亜鉛・カルシウム・マグネシウム)と、低血糖症治療のための食事療法を開始した。

分子整合栄養医学による改善データ

基準値初期前3ヶ月後6ヶ月後14ヵ月後
ヘモグロビン11.5-15.0! 10.213.512.713.7
ヘマトクリット34.8-45.0! 33.343.438.442.5
MCV85-102! 80929396
MCHC30.2-35.130.631.133.132.2
総蛋白6.7-8.36.87.97.27.4
GOT10-4020141418
GPT5-4519221516
γ-GTP30以下28191615
尿素窒素80-20.081912.611.5
血清鉄40-1801229096120
血糖70-10982868481
グリコアルブミン12.3-16.514.913.814.014.3
インスリン1.7-10.42.52.02.02.0
フェリチン4.0-64.28.743.643.643.6
治療前 3ヶ月後
身長163cm163cm
体重59.8kg56.8kg
筋肉量42.3kg41.2kg
体脂肪量15.0kg13.2kg
体脂肪率25.1%23.1%

担当医のコメント

この患者さまの初診時の血液検査データは、不定愁訴がオンパレードでもまったく驚かないようなデータでした。
ヘモグロビン・ヘマトクリットは参考基準値を下回っており、明らかな貧血でした。女性の場合、元気で疲れ知らずで、PMSなどの症状がない状態にするためには、ヘモグロビンは少なくとも13以上は必要です。
また、一般の病院ではあまり行われませんが、フェリチン(貯蔵鉄)の数値は女性にとってとても大切です。フェリチンの女性の理想値は100ng/mlですが、この患者さまは8.7しかありません(注:「参考基準値」は、「理想値」ではありません)。
この患者さまは、ヘモグロビン・ヘマクリットともに、フェリチン値も基準値を大きく下回っていましたが、この3つのどれかが基準値を下回っていると、PMS(月経前症候群)、更年期障害、不妊症、女性特有の不定愁訴(冷え性、頭痛、めまい、むくみ、イライラなどの精神症状など)などが起こりやすくなります。
また、女性の美しさも、「鉄欠乏=貧血」に強い影響を受けます。
一般的に「コラーゲンは美肌効果がある」と言われていますが、実はコラーゲンを摂取しても、コラーゲンがそのまま吸収されるわけではありません。残念なことに、コラーゲンは腸でいったん分解され、「アミノ酸」の形で吸収されます。コラーゲンを作るためには、分解されたアミノ酸から体内で再合成しなければなりませんが、その時に鉄が必要になります。
皮膚の合成そのものにも鉄が必要ですから、貧血が原因のひとつであるPMS(月経前症候群)、更年期障害や女性特有の不定愁訴でお悩みの患者さまの多くは、「しわができやすくなった」「肌がくすむ」と訴えます。
また、この患者さまのように非常に強い鉄欠乏性状態(フェリチン値が1ケタ)では、代謝が著しく低下していますから、鉄欠乏の治療を行うだけでも、代謝がアップし自然にそして健康にダイエットが可能となるのです。
女性にとっては、この「貧血=潜在性鉄欠乏性貧血」が、理想の健康だけでなく美容(美肌やダイエット)にも深く関係していることを知ってください。
またアメリカでは、元気な赤ちゃんを産むための理想のフェリチン値は100と言われます。
たとえば卵管障害・子宮奇形などの器質的な問題・子宮内膜症などがないのに妊娠できない場合、または体外受精などの不妊治療を行っても妊娠できない場合、当クリニックで検査をさせていただくと、ヘモグロビンやヘマクリットは基準値内でも、フェリチン値が一ケタである患者さまがほとんどです。
潜在性鉄欠乏性貧血が、(機能性の)不妊症の原因の一つにもなっているのです。
たとえ高齢出産でも、フェリチン値などの数値がよく、栄養状態がよければ、20代のお母さんにひけをとらない元気な赤ちゃんを産むことが可能です。

そして、この患者さまのフェリチン値が一ケタになってしまったのは、子宮腺筋症(器質的疾患)による月経過多が原因と思われます。月経過多(エンジントラブル)がフェリチン値(貯蔵鉄)を非常に低下させ、その結果PMSなどの機能性疾患(ガソリン不足)を引き起こしてしまったと考えられます。
貯蔵鉄が非常に低値の場合、漢方薬のみではガソリンが満タンにならない、つまりフェリチン値がすぐには改善しないため、なかなかスッキリと自覚症状が改善できません。
そのため、漢方治療と並行して、フェリチン値の改善を主とする分子整合栄養医学での治療を施しました。

経過(患者様の感想)

治療開始1ヶ月後、PMSの症状はほとんどなくなった。まだ過食はあるが、治療前のように3000円分のお菓子を食べるようなことはなくなった。冷え性が改善し、疲れにくくなったのを実感した。
治療開始2ヶ月後、生理前の過食が止まり、無性に甘いものが食べたい衝動がなくなった。
治療3ヶ月後、不定愁訴はほとんど無くなり、むくみが気になる程度まで良くなった。ダイエットをしたわけではないが、月経前の過食が止まったのが原因か、体重が3キログラムも減った。毎日、体調がとても良い。10代の頃に戻ったように、毎日元気でビックリしている。
今後は、子宮腺筋症の月経過多を漢方薬も合わせて治療したいと考えている。