クリニック・ハイジーアは、PMS/PMDDを根本治療

改善例5 女性 初診時 28歳

主訴

PMS(月経前症候群)

月経の2週間前頃から気分が落ち込んだり、体が重くなったりしてつらいので、仕事を休んだり、引きこもりがちになり、悩んでいる。朝目覚めた時から疲れていて、起きられないことがよくある。
また、月経に関係なく、ちょっとしたことで気分が落ち込みやすいので、社会生活や人間関係が上手にできない。ひどい時は、絶望的になって落ち込む。

既往歴

月経痛

治療歴

婦人科を受診し、検査などを行ったが異常なし。のたうちまわるほど月経痛がひどいので、漢方薬を処方してもらい(当帰芍薬散)、月経痛はだいぶ改善した。
心療内科を受診し、抗うつ剤や精神安定剤を処方されたが、効果を感じられずに自己判断で中止した。

治療方針

血液検査データおよび症状より、タン白質・鉄・ビタミンB群・亜鉛などの栄養不足と、機能性低血糖症があると考えられた。治療用サプリメントによる栄養療法(プロテイン・アミノ酸・ビタミンC・B群・E・ヘム鉄・亜鉛・カルシウム・マグネシウム)と、低血糖症治療のための食事療法を開始した。

分子整合栄養医学による改善データ

基準値初診時4ヵ月後6ヵ月後
ヘモグロビン11.5-15.013.113.612.8
総蛋白6.7-8.37.887.9
A/G1.1-2.01.71.71.6
GOT10-40162221
GPT5-45141922
γ-GTP30以下151414
尿素窒素8.0-2391416
LDH120-240134146144
血糖70-10998274
グリコアルブミン12.3-16.513.513.812.7
血清鉄40-18075120100
フェリチン4.0-64.222.743.480

担当医のコメント

この患者さまでは、3ヶ月間で劇的にPMS(月経前症候群)の症状が改善しています。PMSや更年期障害、または女性の自律神経失調症などでは、このように劇的に短期間で症状が改善するケースは少なくありません。
初診時にほとんどの自覚症状が(一番最大の)3であったのが、すべて0(ゼロ)になっていました。
自覚症状の改善と平行して、フェリチン値や血清鉄もしっかり改善しています。ヘモグロビンは、半年後に逆に少し下がっていますが、これはたん白質の欠損による血液濃縮(いわゆるドロドロ血)が改善され、本来のデータが出てきたと考えられます。6ヶ月後のヘモグロビン値が12.8とすると、初診時のヘモグロビンの本来の値はもちろん12.8以下を大きく下回っていたでしょう。女性が、PMSや更年期障害などの症状に悩まされることなく、元気で快適に毎日を過ごすためには、ヘモグロビン値は13以上必要です。
貯蔵鉄のフェリチン値は、治療前が22.7、3ヶ月後43.4、6ヶ月後が80.0です。この患者さまの場合も、おそらく初診時でのフェリチン値は、10台でかなり低かったと考えられます。
一般には、フェリチン値が50を超えるころから、患者さまは「調子がよくなり、疲れなくなった。PMSの症状がなくなった」とおっしゃいます。
PMSや更年期、冷え性、疲労感がなく、いつも元気でお肌の老化知らずでいるためには、フェリチン値の理想値は、有経女性の場合100です。
この患者さまでは、グリコアルブミン値が低く、低血糖症と考えられます。低血糖症の体質もある場合、PMSはより悪化します。低血糖症では、低GI値の食生活を守る必要があります。
3ヶ月で劇的にPMSの症状が改善したため、気が緩んでGI値の高い「口当たり」の良いものばかり食べると、一時的に症状は悪化しますから、常日頃から気をつける必要があります。

経過

PMS/PMDD チェックリストより

症状の強さ 0(なし)~3(強い)

症状初診時3ヵ月後6ヵ月後
うつ状態になる300
無気力になる300
イライラする300
不安になる301
緊張感が、ある200
情緒不安定になる300
悲しくなる・泣きたくなる300
怒りっぽくなる・攻撃的になる100
ものごとに、興味がなくなる201
引きこもりになる201
疲れやすくなる・だるくなる301
判断力・集中力が低下する300
眠くなる201
眠れなくなる000
性欲が増す000
食欲が増す(過食になる)200
自分をコントロールできない100
下腹部が、痛い・重い・張る300
乳房が、張る・痛い201
頭が痛い・重い200
手足が、むくむ000
便秘になる200

治療開始2ヶ月後の患者さま本人からのお手紙より

クリニック・ハイジーアさま
こんにちは、お世話になっております。
神奈川県の○○です。
先日は、体調のことを気にかけていただき、ありがとうございました。
さっそく、体調の変化についてご報告いたします。
治療用サプリメントを飲み始めて、1ヶ月が過ぎたのですが、自分でもビックリするくらい体調が良くなっています。
まず、胃腸の調子がとても良くなりました。
以前は、生理前には必ずお腹が張って苦しんでいたのですが、それが無くなりました。
朝の目覚めもスッキリで、いつもの憂鬱な生理前でもちゃんと起きられるのです。
本当に、びっくりです。
一番嬉しかったのは、家族や会社の人たちに「お肌が、すごくキレイになったね!」とほめられたことです。
自分の体が、みるみる良くなっていくのを毎日実感しています。
こんなに、嬉しいことはないですよね。
気分の浮き沈みは、まだ多少ありますが、治療前より落ち着きました。
あと、2か月がんばります。
3ヶ月後の再検査の結果が、楽しみです。
検査結果も、絶対に良くなっていると確信しています。
ありがとうございました。