クリニック・ハイジーアは、PMS/PMDDを根本治療

クリニック・ハイジーアのPMS/PMDD治療分子整合栄養医学とは?

分子整合栄養医学(=オーソモレキュラー療法)は、ノーベル物理学賞と平和賞を受賞した物理学者ライナス・ポーリング博士(米国、1901-1994年)と精神科医エイブラム・ホッファー博士(カナダ、1917-2009年)らによって提唱された比較的新しい学問です。
英語では「Orthomolecular medicine」で、「ortho」とは整える、矯正する、「molecule」とは分子、「medicine」とは医学と云う意味です。
分子整合栄養医学は、栄養療法「Nutritional medicine」とも、オーソモレキュラー療法とも、日本では呼ばれています。

わたしたちの体はおよそ60兆個の細胞の塊りであり、そのひとつひとつの細胞は「分子=栄養素」から形づくられ、全ての細胞の生命活動(代謝)も「分子=栄養素」に依存しています。
体の異常を細胞レベルから捉えると、この分子の異常がさまざまな病態の原因です。

たいていの分子の異常は、その「分子の材料=栄養素」が不足するために起こります。
つまり不足している栄養素を最適な量まで補給して分子を整えた結果、細胞の活性化や修復が速やかにおこなわれ、疾病の予防や治療、そしてオプティマルヘルス(理想的な健康)を実現するという治療法です。
そして、分子整合栄養医学でいう最適な栄養素の量とは、食事から摂れる量をはるかに超えます。
それは私たちの60兆個のすべての細胞が、従来考えられていたよりも非常に多くの栄養素を必要としていることが、昨今の遺伝子の研究で明らかになっているからです。
そのため、厚生労働省の定める推奨量の数十倍から数千倍の栄養素の補給をします。
しかし、疾病の予防や治療、そしてオプティマルヘルス(理想的な健康)を実現するという観点から考えると、けっして大量というわけでは全くありません。
全身の細胞の分子の異常を整えるためには、栄養素の量が不十分ではその目的を果たすことができないのです。

分子整合栄養医学の内容は、少し分かりにくいかもしれません。
簡単に言えば、現代人の私たちの食事からでは十分に栄養素を補給することが難しくなっているから、品質の良いサプリメントを補給して健康維持や病態の改善をしましょう!という事です。

昨今の私たちの食べ物の質は、非常に劣化・悪化していると云わざるをえません。
進化した農薬や化学肥料の多用で土壌は劣化し、農作物のビタミンやミネラルの含有量は、下記の表のとおり格段に低下しています。

野菜に含まれる栄養素の変化
栄養素野菜1950年1963年1980年2005年
鉄分ほうれん草13.33.33.72.0
にら19.02.10.60.7
ビタミンCほうれん草1501006535
小松菜90907539

昔と同じように食事をしても、必要な栄養素が補給できなくなっているのです。 また、加工食品や精製された食品、ジャンク・フードの氾濫、また農作物を未熟なままで収穫する、長期保存などによっても、栄養素は失われます。 その上、食品添加物、環境汚染、公害、薬の多用などにより、知らず知らずに水銀、鉛、カドミウム、ヒ素などの有害ミネラルや2万種類とも言われる化学物質が体内に取り込まれ、ただでさえ栄養不足のところに解毒するために微量栄養素が使われています。 現代人は質の悪い油や精製された白米、白いパン、白い砂糖などでカロリーだけは十分でも、大切なビタミンやミネラルが欠乏する現代型栄養失調に陥っているのです。 ですから、昔の人たちよりも現代人はより多くのビタミンやミネラルが必要であり、質の良いサプリメントで不足分を補う必要があるのです。 もちろんですが「正しい食事」に近づける事がまず大前提であり、「間違った食事」のままでサプリメントを摂っても本末転倒です。

驚くことに2002年の米国医師会が、すべての成人に総合的なビタミンとミネラルのサプリメントを毎日摂取するようアナウンスをしました。 アメリカは「サプリメント大国」と言われ栄養学が進化しているものの、医師の個人的な発言ではなく、医師会としてサプリメントの必要性を奨励したことは、もう革命的な出来事です。

ただサプリメントであれば何でも良いという訳にはいきません。 コンビニエンスストアや薬局、病院で処方される「ビタミン剤」などの巷で簡単に買える安価なものは、お薦めできません。 それなりの理由がなければ、安いサプリメントを作ることなどできません。 そもそも栄養素の含有量が低く、また材料そのものが天然物由来ではなく石油化学製品であったり、不要な増量剤や毒性の高い添加物が含まれていたりするためです。

ビタミンの含有量の基準は、下記を参考にしてください。

分子整合栄養医学による健康維持量 厚生労働省の定める推奨量
たん白質1g以上/体重1kg当たり50g 青年期・壮年期(女性)
ビタミンC2~6g(2,000~6,000㎎)100mg
ビタミンB150mg1.1mg
ビタミンB250mg1.2mg
V.A3.300μg700μg
V.E200mgV.Eは推奨量を定めていない
目安として6.5mg

それでは品質が保証されたサプリメントとは、具体的にどのようなものなのでしょうか? PMS/PMDD症状を治療するサプリメント